子供のアレルギーがきっかけで作り始めたお菓子。販売できることがただただ幸せ

 

第2回アレルギー対応スイーツコンテスト 一般の部で入賞された、宮野美智代さんにお話を伺いました。

コンテストでは米粉の特性を生かしたクグロフを作り堂々の2位!

今年の4月から、月1回 愛知県瀬戸市の薬膳カフェで米粉の焼き菓子を卸しているそうです!

食物アレルギーのお子さんのお母さんでもある宮野さん。

どんな思いでお菓子の販売を始められたのでしょうか?

宮野さんが販売するお菓子のチラシ
宮野さんが販売されるお菓子のチラシ

 

コンテストをきっかけに「いろんな人に食べてもらいたいな」と思って

ー宮野さん、どうぞよろしくお願いいたします!米粉のお菓子の販売を始められたとお伺いしました。

月に一度、カフェで委託販売をはじめました。

薬膳茶を出してくれて、食材にもこだわられている素敵なカフェで、個人的に何度かお邪魔させてもらったんです。

オーナーさんと雑談をしていて「うちの子もアレルギーがあるのでほとんど手作りで…」なんてお話をしたら、「そうやってがんばっているんだったら、置いてもいいよ」って言ってくださったんです。

 

子供のアレルギーをきっかけに作るようになって、「いつかは販売したいな」という気持ちはありましたし、スイーツコンテストをきっかけに「いろんな人に食べてもらいたいな」って思うようになりました。

 

だけどコロナもあって、この1年ぐらいは「どうしようかな」という感じで進まなかったんです。

でも、そうやってお声掛けをしてもらったので、 レンタルキッチンをがんばって探して見つかったので、ちょっと踏み切ってみました。

仕事があるので、今は月一回ですが、慣れてきたらもう少しペースを増やしたいなと思っています。

宮野さんがお菓子を卸しているカフェ 薬膳茶SoybeanFlour
宮野さんがお菓子を卸しているカフェ 薬膳茶SoybeanFlour

 

審査員の先生方に「おいしい」って言ってもらえたことがすごい自信に

ざっくりと誰かに「食べてもらいたい」という思いずっとありました。

お友達とかには渡していましたが、販売するとなるとなかなか勇気が出なくて…。

ーお金をいただいて、いろんな人に向けて「販売」となると、また心理的ハードルが上がりますよね…。

そうですね。パン屋さんで働いてことがあって、その時に販売方法とかを勉強していましたが。

アレルギー対応スイーツコンテストで、審査員の先生方に「おいしい」って言ってもらえたことがすごい自信になって、一歩踏み出せたのですごい感謝しています!

 

アレルギーがない方にも食べてもらいたいです。

食物アレルギーのことをあまりよく知らない方にも「アレルギーでも、こんなにおいしいお菓子が食べられるんだね!」というのを、知ってもらうきっかけになればいいなと思っています。

宮野さんの型抜きクッキー(特定原材料7品目不使用)
宮野さんの型抜きクッキー(特定原材料7品目不使用)

 

ビスコッティ、スノーボール、型抜きクッキー。米粉の良さが伝わるお菓子を

ーカフェには、どんなお菓子を納品されているんですか?

焼き菓子で日持ちするものをと思って、今はビスコッティとかスノーボール、あとは子供が喜ぶようなかわいい型抜きクッキーです。

コンテストのクグロフもそうですが、「米粉の良さを出していきたいなー」ってずっと考えています。

 

米粉って「ちょっと扱いにくいよね」って思ってらっしゃる方も多いと思うので、「こんな食感で、こんなにおいしく食べられるんだよ」っていうのを伝えていきたいです。

クッキーも、食感の違いを楽しんでいただけるようなようにラインナップしました。

ーわー!素敵ですね。1回目は、どのぐらい納品されたのでしょうか?

ビスコッティが20セット、スノーボールが10セット、クッキーが30個ぐらいです。

スノーボールは3つ入りと、5つ入りを用意しました。 3つ入りで、ちょっと気軽にお試しいただけたらいいなと思っています。

 

子供のアレルギーがきっかけで作り始めたお菓子。販売できることがただただ幸せ

ースノーボール10セット!一つ一つ成型するの、けっこう大変ではありませんでしたか?

すごい時間がかかって。1日キッチンを借りて、6〜7時間で作りました。

ーそうなんですね!お菓子を作っている間は、どんなことを考えているのでしょうか?

本当に、楽しさしかなくて。

「自分の作ったお菓子が誰かに食べてもらえる」っていうのと、本当に素敵なカフェなので、そこで置いてもらえること。

そして、そのカフェのお客さまの手にとってもらえるっていうのもすごい嬉しくて!全部がすっごく嬉しいです!

子供達のアレルギーがきっかけだったこと、お菓子を販売することが夢だったこと、それを形にできることがすごいワクワクして!

ただただ、幸せに焼いていました。

慣れてきたら、マフィンとかパウンドケーキなんかも作っていけたらいいなって思います。

 

命に関わることを抱えているからこそ、ふだん作っているお菓子をコンテストに

ー以前お時間いただいた宮野さんの受賞インタビュー、Twitterでたくさんシェアされていました!「同じアレルギーの子を持つ親として、励みになります」とか「感動しました」とか、そんなコメントもいただきました^^

そうだったんですね!嬉しいです。泣いちゃいます…。

地元のアレルギーの患者会にも参会していますが、アレルギーっ子のお母さんは本当に大変で…。「どうしよう」と思っている方が本当にたくさんいらっしゃいます。

頑張り屋さんの方が多いので、そういう方にも届いてほしい。

 

アレルギーのお子さんを持つ親御さんは、いつも命に関わる事を抱えているからこそ、ふだん作っているお菓子をスイーツコンテストに出してほしいです。

スイーツコンテストを通して、お子さんのアレルギーがあることをプラスに捉えるお母さんが増えたらいいなって思います。

特定原材料7品目不使用のビスコッティ
特定原材料7品目不使用のビスコッティ

 

日々アレルギー対応をされているお母さん方にもぜひ楽しんでほしい

ーありがとうございます!最後に、スイーツコンテストの応募を迷っていらっしゃる方にメッセージをいただけますか?

普段からスイーツに携わられている方々の、「本当にアレルギー対応!?」と感動するスイーツはもちろん素敵ですが。

私のように、お子さんの為に日々アレルギー対応をされているお母さん方にもぜひ楽しんで参加して頂いて、“食物アレルギーでも良かったこと”を増やしてほしいです!

「アレルギーがあっても関係ないね」っていうようなケーキがたくさんになって、みんなが笑顔になったらいいなって。

心の底から、そう思います。

 

宮野さんのお菓子について

□ホームページ
https://riceflower-34.amebaownd.com/
□Instagram
https://www.instagram.com/rice_flower34/

 

宮野さんがお菓子を卸しているカフェ 薬膳茶SoybeanFlour(ソイビーンフラワー)

〒480-1201 愛知県瀬戸市定光寺町323-12
Tel:0561-48-6669
□営業時間 10:00-16:00
□定休日 水・木
□駐車場(台数規制あり)
□Instagram
https://www.instagram.com/soybeanflour2015/
□Facebookページ
https://www.facebook.com/soybeanflour/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です