大野 法子さん(一般の部 第3位)

名古屋の人気店「ベジデコサラダラボ」にお勤めの大野さん。

シュガーフリー、グルテンフリー、低糖質のスイーツを販売しているお店です。

 

元々は、大手料理教室の講師としてご活躍されていたとか。

ご自身が体調を崩したことがきっかけで、現在のお仕事に就かれ、そこからグルテンフリーやアレルギーの勉強をはじめられたそうです。

 

コンテストに応募いただいたレシピの中でも、数少ない「腸内環境」に配慮したスイーツ。

開発に込められた想いを伺いました。

 

 

コンテスト応募のきっかけを教えてください

 

最初はうちの社長に、コンテストのお話がきたんです。

アレルギー対応スイーツコンテストに、ベジデコサラダを出しませんか?と。

それに便乗して、私も出すことにしました。

結果、社長は落ちましたが。

サラダでしたからね(笑)

ああいうスタイルは、海外からはウケるんですけど。

 

今のお店は「シュガーフリー、グルテンフリー、低糖質」を謳っていますが、「〇〇抜きのケーキはありませんか?」というお声をよくいただきます。

あとは、「上の子は何もないけど、下の子は〇〇が食べられない」など。

いろんなことを求めてくる人が多くて、自然といろいろ研究するようになりました。

 

 

作品について

 

乳製品不使用でチーズ感を出すのは難しいと思うので、そんなチーズケーキをみんなで食べられたらいいなと思って。

あとは、社長からこれは応募してもいいよとOKをもらったのも理由の一つですね。

 

スイーツだけど腸内環境を整えてくれるようなものが作れればいいなと思って、国産豆乳ヨーグルトを使っています。

 

せっかくという表現でいいのか分かりませんが、アレルギーの子のために作っているので、、

アレルギーの原因になるものを入れない、排除する助けになるようなスイーツにしたいという想いはありますね。

だったりを選んでもらえたらいいなという思いはありますね。

やっぱり、不調の原因に腸は関わっているんじゃないかと思っています。

 

チーズ感は、もっともっと出したいですね。

コンテストが来年もあれば、ぜひ参加したいです!

 

 

普段の食生活で気をつけていることはありますか?

 

私自身もグルテンフリーを実践しています。

ただ、グルテンを全くとらないと調子が悪くなるので、少量はとるようにしています。

一人一人、その人にあった食生活ができるようになったらいいなと考えています。

 

以前は、お洒落で見栄えのするお料理を教えていて、私自身も健康についてまったく気にしていませんでした。

自分が身体を壊したことや、今の会社に入ったことをきっかけに、本当にいろいろ勉強しましたね。

今は、なるべく動物性の食品をとらなかったり、低糖質やグルテンフリーを実践したり、あとは有機野菜などこだわって作っている農家さんの食材を積極的に買うようにしています。

売れないと、農家さんたちも作るのを辞めてしまうので。。

私たち消費者が、いいものを積極的にとり入れるようにしたいと思います。

 

スイーツに対しては「きちんと食事をとってから食べるもの」と考えています。

今の会社では料理教室も担当していますが、こういった事業を通じて正しい情報を広めていきたいです。

 

 

アレルギーっ子のご家族に一言

 

もっと、みんなに知識を増やしていって欲しいなと考えています。

特に地方は、ヴィーガンのお店は少ないですから、まだまだ不便に感じることもあるかもしれません。

何を信じればいいのか、右向いても左向いてもどうしたらいいのか分からないお母さんたちも、まだまだ多いと思います。

そういう方々の情報提供の場になりたいです。

 

♦︎大野 法子さんお勤めのお店はこちら

ベジデコサラダラボ

 

♦︎大野 法子さんのレシピはこちら

国産豆乳ヨーグルトを使ったチーズケーキ風タルト

One thought on “大野 法子さん(一般の部 第3位)

  1. Pingback:国産豆乳ヨーグルトを使ったチーズケーキ風タルト | アレルギー対応スイーツコンテスト2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です