ホテルのスイーツをおうちでも!華やかでかわいらしい『プチシャンフローラル』を家族みんなでお楽しみください

鈴木 瑛美(すずき えみ)さん
【第3回コンテスト  一般の部 食品産業新聞賞】

パティシエとして鎌倉プリンスホテルでパティシエをされている鈴木 瑛美さん。

お花畑のようにかわいらしいスイーツ『プチシャンフローラル』で、一般部門 食品産業新聞賞を受賞されました。

その繊細なつくりを見ると「作るのが難しそう…」と感じるかもしれません。

しかし、『プチシャンフローラル』コンセプトは親子で一緒に作れるスイーツ」

レシピを見ると、ご自宅でもお作りいただけるような工夫がたくさん散りばめられています。

 

そしてなんと、『プチシャンフローラル』は鎌倉プリンスホテルにて販売されるそうです!
※2022年3月2日までの期間限定。インタビューの最後に販売情報を掲載しています。

 

おうちでもホテルでも楽しめる夢のようなスイーツ。

果たしてどのような工夫が凝らされているのでしょうか?

 

家族の影響を受けて食の道へ。
私がパティシエになったら喜んでくれるかも!

ー鈴木さん、どうぞよろしくお願いいたします!

鎌倉プリンスホテルにお勤めとお伺いしましたが、パティシエになられたきっかけはなんだったのでしょうか?

私の父が調理師で、母が管理栄養士なんです。

そんな環境だからか、自づと「食の道に進みたいな」と思うようになりました。

以前、父が「ペンションをやりたい、自分が料理を作るからデザートがほしいな」って言っていたんです。

「私がなったら喜んでくれるかな」と思って、パティシエになりました。

 

アレルギーの方にもケーキをお出しできたら。
商品化も視野に入れて応募へ。

ー仲良しなご家族で素敵ですね!

今回、アレルギー対応スイーツコンテストに応募されたきっかけは何だったのでしょうか?

会社の上司から紹介いただのがきっかけです。

アレルギー対応のお菓子は今まで触れてこなかったので挑戦してみたいと思って、「ぜひ!」ということで応募しました。

そしてやはりホテルで働いていると、アレルギーをお持ちの方もご来店されますが、お出しできるのはフルーツを中心としたデザートになってしまいます。

「アレルギーの方にもケーキをお出しできたらな」「コンテストで賞を取れば商品化できるかな」という思いもあって、応募しました。

 

ーそうだったんですね。
商品化されるというお話も伺いましたが、販売はいつ頃になりますか?

32()まで鎌倉プリンスホテルにて、イートインとテイクアウトにて販売しています。

 

見た目はかわいく華やかに。
そして、おうちでも作れるように。

ーすごい!楽しみです!

鈴木さんの作品『プチシャンフローラル』は、フランス語で「小さなお花畑」という意味ですよね。

名前の通りかわいらしい見た目で、書類審査の段階からすごく目を引きました。

なぜあのようなケーキで応募されたのでしょうか?

まずは「見た目はかわいいのがいいな」という思いがありました。

さらに、親子やお友達同士で作っていただけるような「簡単なものにしたい」という思いもあったので、タルト部分はクッキーの型で作れるようにしたんです。

食材はスーパーなど、身近なところで簡単に手に入る食材です。

でもせっかくコンテストに出すので、一般の方が作りやすいレシピだけど、見た目は繊細な作業が必要ものにしよう思いました。

プチシャンフローラル
プチシャンフローラル

 

ー決勝審査の時、鈴木さんを見て「すごい繊細な作業をされているな〜」と思いました。

本当に難しかったです。

初めての環境というのもあって、なかなか作業がうまくいかずに本当に苦戦しました。

 

クッキーの型抜きにシュガークラフトの型を活用

ークッキー生地の部分は、どんな型をお使いになられたのでしょうか?

蝶々の部分はクッキー型ですが、お花の部分はシュガークラフト用の型を使いました。シュガークラフトはお砂糖で作るお菓子ことです。

 

ーそうだったんですね。
「あんなに小さいクッキー型あるのかな?」と感じていましたが、シュガークラフトの型だったんですね!

『プチシャンフローラル』をご家庭で作りたい場合は、どのような感じで作るのがよさそうでしょうか?

例えばクッキー部分はくまの型で抜いて、くまちゃんが手をつないでいるように並べるとか。ご自宅にある型を使ってお作りいただけます。

上の部分は、ご自身のアレルギーの心配がないフルーツで飾っていただければと思います。

 

オートミールの形を使い分けてザクザク感を演出!

ーありがとうございます。卵・乳・小麦がないということで、難しかった点はありましたか?

卵や小麦粉を使わないレシピを考えるのは初めてだったので、やはり「どういったものを使えばタルトができるんだろう」と、いろいろ考えました。

最初はタルトの部分はすべてクッキー生地にしようと思いましたが、物足りなさを感じたんです。単に「クッキーをタルトとして食べている」という感じでしょうか。

そこで側面はきれいに見せるために粉末状のオートミールを使って、底はオートミールをそのまま入れてザクザクした食感を出し、違いを味わっていただけるようにしました。

 

ー最後にアレルギーのお子さんを持つご家庭にメッセージをいただけますか。

おうちで作れるようなレシピにしているので、ぜひお子さんと一緒に作っていただければと思います。

また、鎌倉プリンスホテルでも、期間限定で『プチシャンフローラル』をご提供しています。

窓一面に広がる海を眺めながらお召し上がりいただくスイーツも、また一味も二味も違いますので、お近くにお寄りの際はぜひいらしてください。

 

ーホテルでアレルギー対応のスイーツが食べられるなんて、本当に嬉しいです。ありがとうございました!

 

『プチシャンフローラル』販売情報

【販売期間】
2022年3月2日(水)まで

【営業時間】
10時30分~15時30分 (ラストオーダー15時00分)

【料金】
¥750(税込、サービス料別)

【提供方法】
イートイン、テイクアウトでの販売になります。

プチシャンフローラルの販売のご案内
https://www.princehotels.co.jp/kamakura/plan/ajisai/cake_2021_Winter/

鎌倉プリンスホテル Instagram
https://www.instagram.com/kamakura_princehotel/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。