【アレルギーっ子初めてのカルピス飲んでみた】乳製品不使用!植物生まれの新しい「カルピス」 「GREEN CALPIS」開発秘話突撃インタビュー!

こんにちは!小学校4年生(2021年2月時点)。キッズライターのはなです。私には卵、乳製品の食物アレルギーがあります。みなさんはカルピスって飲んだことありますか?
というとすごく不思議に感じるかもしれませんね。私には乳製品アレルギーがあるので一般的なカルピスは飲むことはできません。でも2020年4月!革命的なカルピスが誕生しました!その名も、「GREEN CALPIS」。
牛乳じゃなくて豆乳でできているカルピス!豆乳臭くなくて飲みやすくて、お母さんが「カルピスと同じ味!」って教えてくれました。(私は、カルピス飲んだことないので、これがみんなが飲んでた味なんだ!って美味しさにびっくりしてました!)
こんなおいしい飲み物を作ってくれた人たちってどんな人なんだろう。開発のこともっと知りたい!そう思い今回アサヒ飲料の山口さんにお話をきかせていただきました!

カルピスは外が似合う!と、お外で写真をパシャリ!

なんで誕生したの!?GREEN CALPISが生まれた理由

なぜ、この商品を開発しようと思ったのですか?

―― GREEN CALPISを開発しようと思った理由は、お客様から「植物から生まれたカルピスを飲みたい!」という声と、スーパーの店頭で試飲をしていた時に乳成分が気になる子が、同じカルピスを飲めなくて悲しそうだったのが印象に残っていたからです。日本中に、美味しさと健康と笑顔を届けたいと思っていたのに、まだ届けられていない子がいる事を知って開発がスタートしました。

 

なぜ、この「GREEN CALPIS」と言う商品名にしたのですか?

―― すごく悩んだのですが今まで作ってきたカルピスとはちがって植物から生まれた新しいカルピスを伝えたかったので、植物の色である「グリーン」を使いました。
そして、パッケージのデザインもリースみたいなデザインにすることで植物から生まれたことを表しています。

作っていた時の苦労や工夫は何ですか?

―― これは難しい話になりますがカルピスっていうのは牛乳にカルピス菌を入れて発酵して作っています。今回は豆乳を原料にして、そこにカルピス菌を入れて発酵をさせようとおもったのですが、カルピス菌は牛乳を発酵させるための菌なので豆乳だと発酵しづらくて難しかったです。どんなふうにカルピスらしい美味しさを表すことができるかというのを繰り返して、カルピスならではの味に近づけていきました。

味を徹底的にこだわる!

作った時のアイディアを教えてください。

―― 実は豆乳からカルピスを作ることの考えは、何十年も前〜1984年くらいに開発がスタートしていました。当時は、牛乳があまり手に入らない地域をターゲットにして開発を行なっていました。しかし当時の技術ではカルピスらしい美味しさが出せられなかったから開発が途中でストップしていました。
しかし今の時代はいろいろな技術が進化しているので開発ができるのではないかなと思いました。

何回商品を改良しましたか?

―― 約1984年から考えると記録が残っていないんです。でも「GREEN CALPIS」を今回開発から今回の改良まで考えると、約200回ぐらい検討したと思います。

優しい甘味そして、甘さにこだわった理由は何ですか?

―― カルピスは甘酸っぱい美味しさが特徴で、今回豆乳からカルピスを作るときに豆乳とのバランスが一番いいのか、いろいろと考えた結果「甘さとして、優しい味わい」にこだわりました。

何人ぐらいで、開発をしましたか?

―― 開発をしたのは(スタート時点では)約15人です〜「どういう商品を作るのか?」「パッケージのデザイン」「中身を作る人」です。
   しかし皆さんの手元に届くまでには、何百人もの人たちが働いて下さっています。

GREEN CALPISで一番力を入れているのはどこですか?

―― 一人でも多くの人にこの商品を知ってもらって手に取ってもらいたいです。かなり、開発をするのがむずかしかったので、これまでカルピスを飲めなかった子たちにも喜んで飲んでもらいたいです。

作り終わった感想は、どうですか?

―― 「生まれて初めてカルピスを飲めた!」など嬉しいお客様の声を聞くと、一生懸命作って良かったなと嬉しく思っています。

初めてしったカルピスの味。こんなに熱い思いでできたと知り感動!

私は生まれて初めてカルピスを飲むことができて本当に嬉しかったです。コロナの状況が落ち着いて機会があれば本社や工場に伺って直接お話をしたいです!
取材を受けて下さったアサヒ飲料の山口さん。ありがとうございました。 


公式サイト