各駅停車で行こう! アレルギー持ちでも安心熱海日帰り旅


こんにちは 大学生の「かとパン」です。今回は各駅停車で行く日帰り熱海旅を提案したいと思います。私はアレルギーを持っていません。けど、今回の旅行取材を通し、初めてアレルギーを意識した旅しました。旅が好き。小さなお子さんをもつ親御さん、そしてアレルギーをもつご家族にも、その旅の楽しさを伝えられたらと思い、今回この旅を提案します。

誰かが運転する必要のない旅、パパも楽しめる車窓からの景色!

m_01

今回、私があえて東海道線での各駅停車の旅を提案したのは、この写真のようなきれいな海を見てほしいからです。早川駅~根府川駅間では海岸線に非常に近く、このようにきれいな海を臨むことができます。 取材日は1日中すっきりとしない曇りの天気でしたがこのように雲の切れ間から太陽の光が差し込む通称「天使の梯子」と呼ばれる現象が起こり、とてもきれいでした。
 東京駅から熱海駅までだと新幹線で大人片道1人3670円(自由席)、東海道線だと大人片道1944円(ICカード使用)になります。なお、新幹線は指定席では通常期520円増し、繁忙期は200増し、閑散期は200円引きになります。
東海道線グリーン席は平日では980円、休日では780円になります。グリーン券は車内でも購入できますが、260円の差額が発生します。
今回、私は青春18きっぷを利用しました。パパとママは青春18きっぷを利用することで、交通費の節約も出来ます

熱海に到着!伝統ある観光地らしい「レトロ」がたくさんあります

いよいよ熱海に到着です。長旅は結構体力を使います。
まずは電車で冷えたり、むくんだりした足元を足湯でほぐすのはいかがでしょうか?
駅前にある足湯は無料で誰でも入れます。熱海温泉は江戸時代に徳川家に献上されてきました。こちらには屋根もあり、タオルも販売(100円)されているので手ぶらでも安心です。
 次に、移動手段になりますが、熱海は坂が多く、公共交通機関だとバスが便利です。熱海駅からは伊豆東海バスが発売している『湯~遊~バス』が便利です。1日700円で乗り放題で、熱海の観光スポットを幅広くカバーしています。
 もしお子さま連れでバスに不安のある方には、レンタカーをお勧めします。多くの観光スポットの周辺には駐車場が完備されており、家族連れではレンタカーの方が便利かも知れません。

東海バス 湯~遊~バス
大人 700円 小学生以下350円

熱海を堪能、アクティビティに、大きなホテルに、、、
老舗観光地だからこその安心感があります

m_02

熱海といえばやはり海と温泉!この2つを堪能したいですよね。しかし、お子さんが遊べる場所もほしいところです。『湯~遊~バス』は熱海の主要な観光スポットを網羅して周遊しており、季節や天気またお子様のその時の体調や気分に合わせて様々な場所から選ぶことができます。幅広い年齢層に対応し、柔軟に対応できるところが熱海のいいところです。

 
思いっきり遊んだらお腹が空きますね。
今回私が提案するのが、熱海のホテルのレストランを利用することです。
熱海は、古くから団体旅行でにぎわってきた観光地をして歴史の深い老舗観光地です。
そのため、大型ホテルが多く、食事はビュッフェが多いと予想できます。そんな熱海の大型ホテルでは、日帰り客向けにお昼や日帰り入浴を営業しており、それらを利用するのがおすすめです。駐車場もありますし、大きなホテルでは大抵熱海駅からのシャトルバスもあります。
また、ホテルなのでアレルギー対応などにも対応していることが多く電話応対もしっかりとしている場合が多く、安心ではないでしょうか。
私が利用したホテルでは、食事の名前と一緒にアレルゲン7品目の表示をしていました。そのホテルでは、子連れも多く、子どもが好むような食事も用意してありました。

まとめ

今回は日帰り旅ということで、比較的近場である熱海を取り上げてみました。熱海は日帰りだけでなく、泊まっても十分に楽しめる場所です。

週末に気軽な旅行としてもいいですし、ゆったりと泊まることもできる万能な観光地です。
熱海は四季折々の魅力があります。私は特に空気が澄んできれいに見られる冬が好きです。
さまざまな季節の中で、その都度違った姿を見せてくれる熱海は、子供も大人も都会の疲れを忘れさせてくれる観光地と言えるでしょう。

さらに、とても珍しいことですが、夏秋冬すべての季節で花火大会が行われます。
これは他の観光地にはない熱海だけの特徴であり、泊りがけで花火大会見物なんていうのも一興です。
今回、アレルギー対応という目線で観光を見て、観光施設や宿泊施設にまだまだ対応し切れていないのだなと思いました。もし、動物のふれあいとなれば、そのアレルギーがあることを予想し、その地のものを味わう時にも命がけで、その注意を常に払いながら旅行をしていることを知りました。そのため、熱海の方の迅速な対応を信じ、老舗観光地での旅行を提案してみました。

参考URL
東海バス 湯~遊バス
https://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=6173#link03
いずれも閲覧日は8月31日

Written by かとパン

 (ちょっと?)旅行オタクな大学生。専門も観光学です。国内旅行が好きでしょっちゅう出かけます。冬はスキーをしますが、花粉症で大変です。(汗)アレルギーがあっても安心に快適に楽しく旅をしてもらいたいなぁを思うようになりました。よく一緒に旅する人はエビとカニにレベル3のアレルギーを持っています。最近、少しだけ、ホテルや旅館の食事に気を遣うようになりました。

もしかたら「こんな大学生っぽい旅行なんて…」と思っている方はいますか?
たしかに鈍行を使った旅なんて、社会人になったらなかなかしないですよね。
でも、だからこそ管理猫はこの旅をおすすめしたい!
「時間を忘れる旅」というのは、大人にこそ必要です。アレルギーのことでピリピリ。子供のことでピリピリ…。そんなピリピリを忘れるためにも時間を忘れ、
のんびりと日帰り旅行はいかがでしょう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です