新潟のひまわり畑を求めて…近場の名所へちょいと旅のススメ


皆さんこんにちは。
アレルギーっ子を持つ2児の母、KYONです!

皆さんは今年の夏、どんな風に過ごされましたでしょうか?
我が家はお盆も家で過ごすのが恒例なので、なかなか遠出する機会もないんですよね。
でも、子供達にひと夏の思い出を作ってあげたい……!
手軽に行ける場所ということで考えてみたのですが、そういえば近場なのに行った事のない場所って皆さんもあるのでは?

そこで今回、あえて近場の名所を選び
“ちょいと旅”
してきてみました♪

場所は新潟県中魚沼郡にある町津南町が舞台です。

夏の風物詩といえば”〇〇”!

皆さんは夏というと何を思い浮かべるでしょうか。
青い空、青い海、照り付ける太陽、かき氷、風鈴…
そして、ひまわり。

そうなんです!
今回、私達は夏の風物詩”ひまわり”を見に行ってきました!
場所は新潟県の津南町にあります

津南町ひまわり広場』- 新潟県中魚沼郡津南町大字芦ケ崎⇒GoogleMap
という所で、毎年なんと約7万人もの人が訪れる地元では有名な夏の人気スポットとなっています。
沖ノ原台地にある4haの広大な畑に50万本ものひまわりが植えられているそうで、種蒔きの時期をずらしているため期間中はいつでもひまわりが楽しめます。

私の周りではかなりメジャーなスポットなので、何故行ったことがなかったのか不思議なくらいです。

さて。
お出掛け当日は家を出るのが遅くなってしまい、最初は晴れていたのに段々と雲行きが怪しくなっていきました。
津南町方面にはどす黒い雲…
なんだか嫌ぁ~な予感が…
そしてその予感は見事的中し、ひまわり広場に近づけば近づく程雨がひどくなっていきました。
「雨よ止めぇ…雨よ止めぇ…」と呪文のように念じながら車を走らせる私。
すると、ひまわり広場に着くと今までのどしゃ降りが嘘のように小雨になっていました!

やはり私の日頃の行いが良いからでしょうか。(笑)

ひまわりが咲き誇る、広大なひまわり畑のはずが…

車の中でお昼寝をしていた子供2人を起こし、靴を履かせたり車から降ろしたりしているうちに小雨だった雨も段々と治まってきました。
また雨が降らないうちにと思い、急いで駐車場からひまわり広場まで歩いて行くと

01

あれあれ?
なんだかひまわりがしょんぼりしてる…!?
実は8月21日で閉園ということで、20日に駆け込みで行ったためか見頃が過ぎてしまったようです。(期間:2016年7月29日(金)~2016年8月21日(日))
カンカン照りの太陽の下で元気よく黄色い花を咲かせたひまわりを想像していただけに軽くショックを受けました。
子供達も寝起きのせいか機嫌も悪く、早く帰りたいと連呼。
まぁまぁそんな事言わずに…と何とかその気にさせ、とりあえずひまわり広場をお散歩してみることにしました。
広場の入り口にはひまわり広場のキャラクターが掛かれた顔ハメ看板があり、まずは手始めに記念撮影。
持っていて良かった、自撮り棒!
写真撮影を終えて歩き進めると、急に子供達が

「ママー!見てー!」

02

可愛いー!!!
子供が指さす方には、色んな表情をしたひまわり達がたくさん並んでいました。
ニコニコひまわりを見て喜ぶ子供達♪
テンションが一気に上がったようで、その後もごきげんでお散歩してくれました。

ひまわり畑では

ひまわり迷路
かかしコンテスト
ひまわりウエディング

など色々なイベントも行っているそうです!

ひまわり広場の入り口前には露店市もあり、食べ物や飲み物、ひまわりグッズも購入できます。
かき氷や焼きとうもろこしといった、食物アレっ子ちゃんも食べられそうなものも売られていました。

03

あ、そうそう。
小さいひまわりちゃん達は元気に咲いていましたよ♪

新鮮!地場野菜!直売所めぐりも楽しい

今回ひまわり畑は初めてだったのですが、夏場はわりと津南町に行く事が多いです。

目的は野菜。

津南町から長野県飯山市に入る辺りまでの道沿いには地場産の野菜を置いた直売所が点在していて、新鮮なうえに値段も安い。
ひまわりが咲くちょうどこの時期、津南産のとうもろこしが最盛期を迎えます!
04

津南の「鬼もろこし」(※トウモロコシの種類)は本当に甘くて美味しいんです!
津南観光物産館の直売所でふかした鬼もろこしを購入したのですが、2歳の息子は丸々一本をペロリと平らげていました。

その他にも珍しい野菜が売っていたり、穴場の直売所では野菜が驚愕の値段で売られていることもあるので、ひまわりを見に行った後は直売所めぐりもセットで楽しむのがオススメ!
なにせ”旅”と行っても近場なので、見てまわるだけで観光気分が手軽に味わえるという…ね(笑)
お土産もゲットできれば尚良し!

お家でふかしたスイートコーンは子供達に大人気でした。

まとめ

天候には恵まれず、花も終わりかけ…
それでも子供達は楽しんでくれたようで

「ママ!今度はお花が咲いているときに見に行きたいね!」

と娘から言われ、来年はひまわりが見頃のときに行くことを約束しました。
子供達も私も、楽しいひと夏の思い出ができました。
遠出もいいけれど、近場に出かけるのも新たな発見があって面白いですね!

皆さんも近場で”ちょいと旅”してみませんか?

Written by KYON

新潟県在住。
多種食物アレルギー・アトピー・喘息の息子を持つ2児の母。
日々アレルギーについて勉強中。
そんな息子を持つ母がアレっ子の日常を綴るアレルギーブログ
『アレっ子ゆーとんのニコニコLife♡』
http://s.ameblo.jp/kyon-k222

ひまわり・・おしい!(笑
きっと満開だと、もっと圧巻なのかもしれませんが、すこしお疲れのひまわりもそれはそれでいいものかもしれませんね。
「ちょい旅」住んでいる場所にちかい名所ほど、なかなか行かない、知らないということがあると思います。
せっかくの地元の名所。思い切って「ちょい旅」してみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です